栄養不足を解消するルイボスティーに注目

私は栄養についてかなり真剣に考えております。特に、ビタミンCの効用については確信をもっております。ポーリング博士の本も熟読しております。高濃度ビタミンC療法についても実践中なのです。
また、野菜ジュースもひじょうによいですね。ゲルソン療法ではかかせないのが野菜ジュース。酵素の力で免疫力があがります。結局のところ、人間の病気をなおすのは、人間自身がもつ免疫なのですから、ここを何とか改善しないといけません。それには、日々の栄養が必須なのです。だからといって、たくさん食べる過食はいけません。甲田療法では小食をすすめていますが、とにかく、活動を可能とするのに必要なだけ食べるというのがいいです。これについては、カロリー不足がどうのこうの叫ぶ医者もいますが、的外れもよいところです。小食の力は私自身が実感しております。それと、野菜ジュースをいちいち作るのが面倒くさいという人には、ルイボスティーがおすすめです。カルシウムやカリウム、マグネシウム、マンガンなどがバランス良くはいっておりますので、これだけでさまざまな効果が感じられることでしょう。うちの祖母も毎日これを飲んでおりますので、もう100歳近くになりますが、いまでも草むしりを朝4時半から開始するなど、元気いっぱいです。アンチエイジング効果も見逃せないですね。なので、女性にもおすすめできるのがルイボスティーだと考えています。興味のある方は以下のサイトを参考にしてください。

ルイボスティーのxn--dckb7d8b2fwdyf.net

男性ホルモンと育毛剤の注目成分フィナステリド

まず男性ホルモンによる脱毛症のメカニズムを解説します。男性ホルモン(テストステロン)は、体内の5α-還元酵素により代謝されるとDHT(ジヒドロテストステロン)という成分を生成します。DHTは活性型男性ホルモンとも呼ばれ、脱毛症の原因物質とされています。男性ホルモンによる脱毛症患者の頭部からは高濃度のDHTが確認されます。思春期を過ぎる頃になるとDHTはニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こすことでも知られています。脱毛症においては、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつきヘアサイクルを乱してしまいます。

このような男性ホルモンによる脱毛症を改善させる効果を期待されている成分がフィナステリドなのです。元々フィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として改善されました。その後、脱毛症の改善効果を確認されて、治療薬として製品化されました。

飲む育毛剤として知られるフィナステリド1mgを配合したプロペシアは、世界中に愛用者がいます。フィナステリドを含む育毛剤は男性のみ効果を期待できます。女性の服用は禁止されていますのでご注意下さい。また医薬品に該当するフィナステリドを含む育毛剤は、性欲減退などの副作用の報告もございます。ご利用に際しては、製品の用法容量を遵守して下さい。

日本では、男性型脱毛症診療ガイドラインでAランクと高い評価を受けており、AGA(男性型脱毛症)治療薬として注目されています。

育毛剤のことなら
http://www.cimassoc.com/