廃車と自動車リサイクル料金

●リサイクル料金って何?
これは2005年に施工された「自動車リサイクル法」が元になっている料金で、自動車を廃車する時は、最後に乗っていたオーナーが責任を持ってリサイクル料金を支払いなさいと義務付けた法律です。
車を廃車する時に発生するフロンガスや鉄くずなど再利用できるものは回収してリサイクルを行います。
ですので、その時にかかる費用の一部を自動車のオーナーが払う事になったのです。

 

 

●廃車手続きの時に支払えばいいですか?
基本的には自動車購入時にはリサイクル料金を支払っているはずですが、もし払っていないようなら車検の時に支払う事になります。
支払っているかどうかは、リサイクル券を持っているかどうかでわかりますので、車検証などと一緒にリサイクル券を保管しているのであれば支払っています。

 

そのリサイクル券を廃車手続きの時に提出すれば改めて支払う必要はありません。
また、廃車をしなくて普通に売るような場合は、このリサイクル券は次のオーナーの手に渡るので、買取価格に上乗せされているはずです。

 

 

●リサイクル券を無くした場合、どこで再発行してもらえばいいですか?
リサイクル券の再発行はしてもらえない場合があります。
なので紛失した場合は改めてリサイクル料金を支払わなければいけない可能性があります。

 

再発行はディーラーや一部の自動車整備工場などで代行してもらえる他、陸運支局に行けば端末操作で再発行できる場合があります。